車検切れ車で事故した時、点数は何点減点されるのか?

車検切れ車で事故した時、点数は何点減点されるのか?

 

車検切れの車で事故を起こしてしまった場合に気になるのが点数ですよね。
どのくらいの点数が減点されてしまうのでしょうか。

 

まず、車検切れ車で公道を走行していたということだけで、30日間の免許停止処分になる6点の減点になります。
車検切れの場合には多くの場合自賠責保険も切れていることが多くなります。

 

無保険車で公道を走行した場合には6点の減点になります。
つまり、車検切れと無保険車ということだけでも12点の減点になります。

 

これは90日間の免許停止になります。
この点数減点にプラスして、違反行為点数表による点数が減点されることになります。

 

運転殺傷等や危険運転致傷に相当する事故で、人身事故で加害者が治療期間15日未満または建造物を損壊するような事故を起こした場合には45点、治療期間15日以上30日未満の事故であれば48点、治療期間が30日以上で3ヶ月未満の場合には51点、治療期間が3ヶ月以上もしくは後遺障害が残るような事故の場合には55点、もし加害者が死亡してしまったような事故であれば62点の点数が減点されることになります。
運転殺傷等や危険運転致傷に相当しない事故の場合でも、2点〜20点の減点が不可点数として減点されます。

 

免許停止や保留の処分は前歴がない人の場合と前歴が複数回ある場合とでも異なってきます。
車検切れと無保険車を運転しただけで、前歴があれば免許取り消しもあります。
.

 

私の恥ずかしい体験談を暴露!

恥ずかしい体験談を暴露します。
事故後に放置して車検切れになった車を50万円で売っちゃいました!


事故後に放置して車検切れしたセレナ

>>車検切れの車を50万で売却した裏ワザ