車検切れ車で事故した時の罰金は幾らか?

車検切れ車で事故した時の罰金は幾らか?

 

車検切れの車で自己した時にはどのくらいの罰金が科せられるのでしょうか。
事故の度合いなどによっても異なりますが、一つずつ考えてみましょう。

 

まず、車検切れの車で公道を走っていたという行為だけでも、最高で30万円の罰金刑が科せられることがあります。
この罰金を支払うことが出来ないと収監されます。

 

車検切れの車の場合、自賠責保険も切れていることが多いため、無保険車としての刑事罰も科せられます。
この場合には最高で50万円の罰金刑になります。

 

この罰金を支払うことが出来ない場合には収監されます。
つまり、車検切れで無保険車というだけで最高80万円の罰金がかかります。

 

支払うことが出来なければ一日5000円で労役を努めなければなりません。
さらに、ここに事故による罰金が科せられていきます。

 

事故の罰金というのは事故の度合いによって異なってきます。
人身事故で被害者の方の治療期間が15日未満程度の軽傷だった場合や、物損事故でも建造物損壊などの場合には20万円〜30万円程度が罰金となります。

 

さらに治療期間15日以上で30日未満の軽傷事故の場合には20万円〜50万円が罰金と決められています。
さらに人身事故で治療期間が30日〜3ヶ月未満の名愛には30万円〜50万円の罰金、3ヶ月以上の重傷事故や特定の後遺障害が伴うような重大事故の場合には50万円の罰金になります。

 

これは違反金ではなく罰金ですから、前科が付きます。
もし他に前科がある場合には罰金の上限が適用されることもあります。

 

罰金は基本として一括納付になります。
.

 

私の恥ずかしい体験談を暴露!

恥ずかしい体験談を暴露します。
事故後に放置して車検切れになった車を50万円で売っちゃいました!


事故後に放置して車検切れしたセレナ

>>車検切れの車を50万で売却した裏ワザ