車検切れの軽自動車を名義変更する方法は?

車検切れの軽自動車を名義変更する方法は?

 

車検切れの軽自動車の名義変更を行うにはどうしたらよいのでしょうか。
普通自動車の場合いは車検がきれいている状態では名義変更を行うことが出来ませんが、軽自動車の場合には名義変更可能になっています。

 

まず必要な書類をそろえる必要があります。
必要な書類としては、新所有者と旧所有者の認印を捺印した「軽自動車検査証記入申請書」と車検がきれいている「車検証」発行から3ヶ月以内の新所有者の「住民票抄本もしくは印鑑登録証明書」、「軽自動車税申告書」「自賠責保険証」になります。

 

これらの書類を揃えて管轄の軽自動車検査協会事務所に書類を提出しに行きます。
ナンバープレートがない場合にはナンバープレート代金がかかりますが、名義変更の手続きだけで張れば無料で行うことが出来ます。

 

これによって名義が変更された車検証が発行されますが、この時点でもまだ車検切れの状態であることは変わりませんから、この車検切れの軽自動車で公道を走ることはできません。
整備工場などに持ち込んで車検を行う場合には、公道を自走することはできませんから、仮ナンバーを取得するか、車積載車を依頼して整備工場まで運ぶ必要があります。

 

もし、車検切れの軽自動車で公道を走行すると、それだけで刑事罰の対象になってしまいますので決して行わないようにしましょう。
名義変更を行う前に車検を通してしまった方が手間がかからないのでおすすめです。
.

 

私の恥ずかしい体験談を暴露!

恥ずかしい体験談を暴露します。
事故後に放置して車検切れになった車を50万円で売っちゃいました!


事故後に放置して車検切れしたセレナ

>>車検切れの車を50万で売却した裏ワザ